管理薬剤師の仕事に求められる適正について理解しましょう

薬剤師さんを取り巻く医学界の現状と、資格を生かせる職場の仕事内容について

管理薬剤師の適正について



薬剤師は資格を取れば誰にでもその道は開かれていますが、やはり向き不向きの適正というものはあります。 また、仕事を通して磨かれていく側面もあるので、日々の仕事を何となく過ごすのではなく、実のあるものにしようと考えながら取り組むと自分の成長の度合いも高まります。

まず一つ目は、一つの作業を正確にできる事です。 薬剤師の主な仕事は薬の処方。 膨大な種類の薬を正しい配分で調合して、患者さんに処方しなければなりません。

少しでも調合の仕方を間違えば副作用が出てしまったり、本来の効果が得られなかったりします。 少しの差でも大きな違いになり、患者さんの健康や命にも影響を及ぼしてしまいます。 必ず正確な作業ができる事が大切です。

また、そういった細かい作業を毎日行っていく事になるので、それに耐えられる性格の方が向いています。 少し雑な所があると自分で感じている方は注意しておいた方が良いでしょう。 薬剤師になる前に、先輩の薬剤師の方に相談してみるのも良い方法です。

二つ目はコミュニケーション力です。 これは最近特に言われています。 薬剤師として薬を処方する際に患者さんと接する機会というのはやはり多いです。 患者さんと交わす挨拶やちょっとした会話が、患者さんにとって安心感や元気に繋がったりする事もあります。 ただ薬を処方すればよいというだけでなく、コミュニケーションが好きな人の方が向いていると言えるでしょう。

最近は在宅医療なども始まり、薬剤師も患者さんの自宅まで出向いて健康や薬についてのアドバイスをする機会というのもあります。 1対1のより距離の近いコミュニケーションが大切になってくるので、今後はより重視されていくと思われます。

最後に、薬剤師としての仕事や薬学についての興味が挙げられます。 やはり好きだったり、楽しさを持って取り組む人の方が、成長も早いです。 薬も新薬が常に開発されてり、日々の新しい勉強が必要になります。 薬学への深い興味があれば勉強も苦にならないので、楽しさを見出しながら仕事をしていって欲しいと思います。

看護師資格、フットケア指導士

フットケア指導士という資格をご存知でしょうか。フットケア指導士とは、その名の通り、糖尿病や透析を必要とする患者さんの足の病変への看護を行う資格となります。足の病変以外には、巻き爪や外反母趾など、足にまつわるトラブルの知識を蓄え、指導やケアを行う業務です。

どのような指導があるかというと、簡単なものでは正確な爪の切り方なども含まれますが、まずは患者さん自身に足の大切さを意識してもらうことが重要な仕事です。

糖尿病に掛かると足の欠陥にダメージが生まれるため、冷え性になったり、神経に対して障害が起きる可能性は高いと考えられています。神経障害が発生すると、足にできた傷や傷みに鈍感になり、病状が酷くなってしまうこことにも繋がるでしょう。

悪化してしまうと、足を切断しなければいけない事態になることもあるのです。ですから患者さん自身に、足の状態を毎日気にしてもらうのが、まずは大切なことになりますし、最悪の状況を回避するためにも、フットケアの重要性を理解してもらい、ケアの方法を指導して行きます。

歩行するというのは人間の基本的なことですよね。歩くためには足が健康である必要があります。足にトラブルを抱えていると、歩くこともままならず、普通の生活を送る事が難しくなってしまうでしょうし、歩けないことによって健康に悪影響が生まれる可能性も否定できません。

年を重ねても自分の足で歩行できるよう、ケアやサポートを行うのがフットケア指導士の大切な仕事なのです。

このフットケア指導士には、実務経験が3年未満の人ではなることはできません。フットケア指導士の認定セミナーで知識を学ぶこと、それから日本フットケア学会の会員になることも求められます。

更新は5年に1度、70単位を取ることも必要です。フットケア指導士になるための試験はマークシート式になります。受験費用は一万円ですが、注目度の高い資格のために、試験を受けるのに抽選となるケースもあるようです。

病気以外のケアでもフットケア指導は必要となりますので、スキルアップするためにも資格を取っておくことはお勧めといえます。フットケア指導士資格を取って、看護師転職サイトを使って転職を有利に勧めて行きましょう。

精神看護専門看護師とは?

「リエゾン精神看護専門看護師」と「精神看護専門看護師」、この2種類の専門に分類されるのが、精神看護師となります。簡単に言うと専門のカテゴリが違うということです。精神疾患のほかにも違う病気と闘っている、メンタルが不安定な患者さんの体と心をサポートしていくのが、リエゾン看護師となります。

リエゾンという言葉は「橋渡し」という意味になり、患者さん以外にも、看護師や医師など、スタッフ間の橋渡しを行うのも、リエゾン看護師の持つ役割です。

看護レベルも引き上げつつ、看護師の心のケアも行い、看護しやすい環境を作るのが、リエゾン看護師になります。スタッフたちの雰囲気が良くなれば、患者さんへの看護も高まりますよね。全体的にレベルの高い医療を提供できるでしょう。

患者さん以外には、看護や介護をしているご家族の心のケアをすることも、リエゾン精神看護専門看護師の役目です。看護の場というのは、患者さん後本人以上にご家族の心の負担は大きく、看護師へ寄りかかりすぎてしまうパターンは少なくありません。

ですからこれらの対応も、リエゾン精神看護専門看護師が行ってきます。また、病院内で行うリエゾンに関るミーティングなども、リエゾン精神看護専門看護師が率先して進めることになるでしょう。

ところで、専門看護師を目指すためには、大学院にて修士課程を修める必要があります。その後は実務研修が半年間必要です。カテゴリによって通学する学校は異なりますので、事前にチェックしておきましょう。

実務研修終了後は日本専門看護師協議会からの認定を貰う事で、専門看護師資格を手にする事が可能です。5年1度更新がありますので、注意して下さい。この、日本専門看護師協議会にはスキルアップセミナーというものが存在し、各専門分野の最先端の情報を知る事が可能です。

精神看護専門看護師というのは、実は現在あまり多い専門看護師ではありません。70名弱の有資格者となっていますが、これからの日本ではニーズの高い専門資格だと思います。

患者さんやご家族のメンタルケアだけではなく、看護する側の心の負担を取ることが、医療の向上にも繋がるからです。ぜひ看護、介護の環境を整え、ベストな医療を患者さんに提供していって下さい。

↑ PAGE TOP