保健師の種類と仕事内容、求められる知識について理解しましょう

薬剤師さんを取り巻く医学界の現状と、資格を生かせる職場の仕事内容について

保健師の役割と勤務先について

保健師の仕事というと、どんな内容なのか正しく答えられる人はどれくらいいるでしょうか。 看護師や助産師などと比べると、ちょっと分かりづらい感じがするかもしれませんね。

簡単に説明すると、保健師は病気になる前にそれを予防するための手助けをする仕事です。 軽い症状を放置して重症になってしまったり、普段の生活習慣から病気になる人が大勢いますから、そういう人達が病気にならないようにするわけです。

たとえば健康診断を欠かさず行っていれば病気を早期発見することができますから、健康診断に関わる仕事も保健師が行います。 また、病気かどうか心配だけれど病院に行くのは気が進まないという人たちの相談に乗ったりすることもあります。

赤ちゃんが生まれると定期的な検診が義務付けられますが、乳幼児の検診にも保健師が関わっています。 乳幼児健診を受けたことがある人は分かると思いますが、赤ちゃんの測定をしたり、予防接種の補助作業をしているのは保健師なのです。

もちろん健康や医療に関係する仕事なので、専門知識が必要になります。 保健師は看護師の資格を習得した人でなければいけないのです。 看護師が主に病院で働くのに対し、保健師は主に市区町村や保健所にて勤務します。

保健師は大きく分けると三種類の仕事に分かれます。 「学校保健師」「行政保健師」「産業保健師」の3つです。

学校保健師が一番分かりやすいかもしれませんが、これは学校で教職員や生徒たちの健康管理をする仕事です。 そして行政保健師は主に保健所に勤務し、地域住民の健康管理に携わります。 保健所で各種検診を行ったり、乳児や老人宅を訪問して相談に乗ることもあります。

そして産業保健師は、企業で働く人達の健康管理を行う仕事になります。 会社で働く人の中には体調不良を訴えたり、精神的な不調を感じる人も大勢います。 こうした人達が深刻な事態に陥っては業務にも差し支えがありますから、保健師が予防することは大きな意味があります。

↑ PAGE TOP