薬剤師が製薬会社で働く場合の仕事内容と待遇について

薬剤師さんを取り巻く医学界の現状と、資格を生かせる職場の仕事内容について

薬剤師の製薬会社の仕事の特徴

薬剤師として製薬会社で働く場合についてです。 製薬会社で薬剤師が働く場合、大きく分けて二つの場合があります。

一つ目は品質管理。 これはできた医薬品の管理をする業務です。 薬のデータをまとめたり、それぞれの医薬品の在庫状況を管理したりといった、薬学の知識を使いながら事務的な仕事を行います。

この場合、業務的には安定していると言えます。 イメージで、攻めと守りで言えば守りの方です。 知識と経験を積んでいくと、他の一緒に管理業務を行う薬剤師スタッフをまとめる立場に就きます。 給与に薬剤師手当が付く場合もあります。

また、二つ目は薬学の知識を生かして研究職として働く場合です。 こちらは攻めのイメージです。 実験を繰り返してデータを取りながら、新薬の開発などを行っていきます。

就職の窓口としてはかなり狭めで、希望していても就けないケースというのは多くあります。 また、転職で製薬会社の研究職として入る場合はさらに大変で、かなりの経験や知識が必要になります。

研究職の場合、海外の設備を使って研究を行ったり、海外の詳しい方と協力して行うという事も多く、仕事内容としては面白く、やりがいのある仕事と言えるでしょう。 結婚して家庭を持っている方は、海外勤務の可能性がある事を念頭に置いておくと良いでしょう。 ある程度長い期間赴任する事も多いです。

給与はどちらも高めで、特に賞与は一般企業と比べても多いです。 30代後半~40代で年収が1,000万前後になる可能性も高いです。 もちろん企業によるので、給与を重視する場合、事前にチェックしておきましょう。

また、勤務時間は品質管理だと、時間は比較的残業が少なめの所が多いです。 研究だと、夜遅くまで実験を行うなど、かなり長時間勤務の職場も多いです。 自分から積極的に研究に時間を使っているという方も多くいます。

また、別の道としては薬学の知識を持って、営業を行う事もできます。 専門知識を身につけて、営業的スキルもあわせて持っている方は少ないので、自分に合うと感じた方にはチャンスの多い仕事でもあります。 一つの案として頭に入れておいても良いでしょう。

↑ PAGE TOP